結局、ダイエットするために減らすのはカロリーなのか糖質なのか


f:id:nonbirimamanon:20181127172219j:plain



糖質オフダイエットが流行っていますね。


もちろん、ダイエット中の私も糖質は気にしています。


でも、最近は極端に、カロリーなんて言うのは関係ない、糖質だけ減らせば痩せる!みたいな記事が多いかな(;^_^A



糖質を減らすとどうなるのか?


糖質をとらないと、体の中で中性脂肪が作られないので体の中の脂肪を使う。
よって、痩せる。

簡単に言うとこんな感じでしょうか。


でも、糖質って結構何にでも入っているから、完全に減らすのは無理ですよね~( ´•︵•` )~

キャベツにだって、少ないけど糖質は入っているんですから。

糖質制限ダイエットは危険?

極端な糖質オフダイエットは、体に良くないという意見もあります!


脳のエネルギーになるのは、糖だけなので糖質が足りないとボーッとしてしまったり、ずっと眠くなってしまったり。


一番の問題は、体が足りない糖を作り出そうと、体の中のタンパク質を糖に変えてしまうということ。


その結果、体の中のタンパク質が足りなくなり筋力が落ち、骨粗鬆症になってしまう人もいるそうです。


食べ物からタンパク質を補うとなると、取り過ぎで血管が詰まってしまうことも。


痩せることは間違いない糖質制限はほどほどに。


いろいろなやり方がある糖質制限ダイエットですが、期間を決めるなどしてやりすぎないようにしましょう。


結局は、バランス良く食事をとって、全体のカロリーを取り過ぎないというのが、健康的に痩せる近道です(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧



ダイエットの基本は、基礎代謝量>摂取カロリーです


必ず停滞期も来ますので、あせらずのんびり取り組みましょう。


ではでは♡