ドラマ《スーツ2第4話》ネタバレあらすじ&感想〜|甲斐と因縁がある富樫が私情のままに甲斐を追い詰める!?

スーツ2
第4話が放送されました!




f:id:nonbirimamanon:20200721032243j:plain




スーツ2第4話あらすじ

甲斐VS富樫


甲斐(織田裕二)のもとに、過去に因縁のある弁護士の富樫(高嶋政宏)から訴状案が届く。


内容は過去に甲斐が扱ったコースタル・モーターズの自動車に乗っていた運転手が事故死した訴訟の件。


遺族はボンネットの欠陥を疑っていたが、コースタルと代理人弁護士の甲斐は、欠陥はないと主張し勝訴していた。


ところが、実はコースタルの自動車には欠陥があった。


そして、それを示す社内メモが見つかっていた。


富樫は、コースタルがこの事実を隠蔽していたとして、コースタルと甲斐に対して損害賠償請求を行うことにしていた。


隠蔽が事実だと知った甲斐は、遺族に対しコースタルが十分な賠償をすることで和解に導く。


しかし、甲斐と因縁のある富樫は、甲斐への訴えだけは取り下げなかった。


そして、この件は最も知られたくなかった上杉(吉田鋼太郎)の耳にも入ってしまう。


そんな中、欠陥を示すメモが幸村上杉法律事務所の倉庫から見つかってしまう。

失恋した鈴木先生問題


鈴木大輔(中島裕翔)は、真琴(新木優子)と別れたが、後を引いて仕事に集中出来ないでいた。


鈴木大輔を仲間に入れたい上杉は、アソシエイトの統括責任者の蟹江(小手伸也)に鈴木大輔に自分を手伝わせて欲しいと言う。


蟹江は、鈴木大輔は自分を手伝っているので無理だと伝える。


そして甲斐に頼み込み、鈴木大輔に自分の案件を手伝わせる。


鈴木大輔の機転で蟹江の案件は無事解決した。




スーツ2第4話超個人的な感想

物足りない


スーツシーズン1では、1話に1つ、甲斐と鈴木大輔のタッグで見事に解決する案件が入っていました。


鈴木大輔がニセ弁護士である事がバレないかとドキドキしながら、解決シーンを見てスッキリする。


そんな展開がとっても面白かったのですが、今回はそこまでスッキリ出来ません。


第4話も解決したのは蟹江の案件のみ。


あとは次週へ持ち越しです。


上杉が仕事が出来る感もそんなシーンも無さすぎて、シーズン1の蟹江が2人になった感じ。


もうちょっとシーズン1の感じに戻るといいなぁ〜。